Human

技術組織のトップ達が語る、新卒に期待すること(CTO&VPoEインタビュー)

トップスーパーコンテンツ一覧技術組織のトップ達が語る、新卒に期待すること(CTO&VPoEインタビュー)

こんにちは!Supership新卒採用担当の渡辺です。
この記事では、Supershipのエンジニア組織を率いる2名に、これまでのキャリアやSupershipでの仕事のやりがい、新卒の皆さんに期待していることについてインタビューした内容を紹介します!

この記事をお読みいただくことで、Supershipでエンジニア・データサイエンティストとして働くおもしろさを感じ取っていただけるとうれしいです!

1.これまでのバックグラウンド

宇都宮(Supership CTO)

「Supership CTOの宇都宮です。現在はSupershipのCTOとして全社の技術戦略を統括しています。」

 

「学生時代は情報系ではなく工学部で応用化学(無機化学)を専攻していました。インターネットやプログラミングに触れたのはこの時で、データを測定するためにプログラミングを使ったり、研究室の教授が持っていたMacを弄ったり、偶然見たテレビ番組で今後はインターネットの世界が訪れるという特集を見て興味を持ったり、なんとなくインターネットの世界は面白そうだなと思っていました。」

 

「いざ就活が始まるとなった時も、正直会社選びの軸などはありませんでした(笑)。ただ、周囲の友人たちはみな今後はコンピューターの世界が来ると言っていて、友人たちはSIを受けていました。私もその流れに身を任せる形でSIの会社を受け、1社目は独立系のSIに入社しました。」

 

「そこでは今で言うところの企業のDX化を支援するような仕事をしていました。1社目に在籍している際に、企業や一般家庭にもインターネットが影響を及ぼした事がきっかけでパラダイムシフトが起きると感じたことから、Webの世界に強い興味を持ち、大手ポータルサイト運営会社に転職しました。そこではデータマイニングから情報システム部門へと渡り歩き、最終的には今の仕事にも繋がる検索サービス開発に携わりました。その後、Supershipの前身の会社であるScaleOutの当時の代表に声をかけられてScaleOutに入社し、現在に至ります。」

 

名畑(Supership VPoE)

Supership VPoE兼アドテクノロジーセンター長の名畑です。VPoE(​​Vice President of Engineering)としてSupershipのエンジニア組織全体のマネジメントを行うとともに、アドテクのプロダクトの開発を担っているアドテクノロジセンターのセンター長として組織を統括しています。

 

「大学は理工学部に在籍しており専攻は電子工学でした。プログラミングの授業は4年間で2コマ程度しかなく、元々ゲーム業界に入りたいという思いもあったことからプログラミングは自身でキャッチアップしていました。ただ、大学時代に興味の先が変わってしまいゲーム業界への就職は諦めてしまいましたが(笑)。」

 

「実は私も宇都宮さんと一緒で就活の軸は特にありませんでした。研究室の先輩や周囲の友人たちはメーカー系に就職するのが当たり前というような状況でしたので、私も流れに身を任せるように1社目はメーカーに就職しました。」

 

「当時は銀行の合併が最盛期だったこともあり、銀行のATM開発のプロジェクトにSEとしてアサインされました。その後、フリーランスとして独立して個人で案件を受注したり、企業に常駐して開発のお手伝いをするなどを様々なことを経験しました。」

「ただ、フリーランスとして仕事をしていく中、企業に所属してチームで開発したいという思いが強くなり、KDDIグループのmedibaに入社しました。その後、Supershipの前身となる同じくKDDIグループ企業であったScaleOutに出向となり、当時から現在まで8年ほどAd Generationの開発に携わっています。」

2.Supershipでの仕事のやりがい

宇都宮

「裁量をもって仕事に取り組めることだと思っています。言われたことをただこなすだけではなく、自分のアイディアや意見を出しながら、チームでより良いものを作っていこうという文化があります。」

 

「また、ただ裁量をもって取り組めるだけでなく、自発的に行動する人に対して周囲がリスペクトしてサポートしてくれるというのもSupershipの素晴らしい文化の一つだと思っています。」

 

「私もSupership Search Solution(S4)を会社の事業の柱とすべく、自らの手で開発からプロデュースまで一手に手掛けた際、当時はディレクターと一緒にクライアント先に自ら営業に出向いていました。エンジニアは物づくりに注力すべきという意見があるかもしれませんが、自分で作ったものを一番よく知り、かつ一番説明できる自分がプロダクトメンバーとともに自分の手で営業していくという貴重な経験ができたからこそ、その後のプロダクトの改善にも役立ったと思っています。」

 

「他の会社でエンジニアとして就職した場合は経験できないようなことも、Supershipでは経験するチャンスがあると思います。」

 

名畑

「私も宇都宮さんと同じく、裁量をもって仕事に取り組めるというのはやりがいの一つだと思っています。大企業だと若いうちからはなかなか経験できないと思うんですよね。」

 

「技術的な観点でやりがいを挙げるとすると、プロダクトの規模であったり、経験できる技術領域の広さや深さというのもやりがいの一つだと思っています。」

 

「Supershipが提供する広告配信プラットフォームや検索エンジンは、それこそ名だたるクライアントであったり、様々なシーンで活用されているプロダクトのため、受けるトラフィックが月間数千億であったり、集まるデータ量が月間でペタバイトレベルであったりと、大規模なプロダクトに成長しています。新卒のうちからこのような大規模なプロダクト開発に関われるチャンスは少ないので、皆さんにとっては貴重な経験になると思います。」

 

「また、経験できる技術領域もバックエンド、フロントエンド、データ基盤、機械学習、インフラ(オンプレ/クラウド)など多岐にわたります。配属されるチームによってメインで扱う技術領域はある程度決まってきますが、チャンスがあれば様々な技術領域に触れることが可能です。バックエンドを担当しつつフロントエンドも開発し、その先にクラウドインフラも少し経験しているなど多岐にわたる経験をしている新卒メンバーもいます。このような経験をすることでエンジニアとしての技術的な成長もできると思っています。」

3.新卒に期待していること

宇都宮

「自分のペースでコツコツと努力を積み重ねてほしいと思います。自分の得意なことがどんなことか、そしてその才能が開花する瞬間がいつ来るのかは分かりません。もしかしたら、自分が得意と思っていたこととは別のことで才能が開花するかもしれません。」

 

「私の経験上、そのように自分の才能を開花させて来た方たちは、努力することを継続してきたからこそ開花したように思います。『一度失敗したから』や『こういうのは得意ではないので』という理由で目の前のことを避けずに、自分の努力が報われることを信じてコツコツと努力を積み重ねてほしいと思います。

 

名畑

「私も近しい考え方ですが、まずは選り好みせずに目の前の業務に全力で取り組んでほしいと思っています。その中できっと自分の得意なこと、自分の好きなことに巡り合えると思っています。逆に選り好みしているとそのチャンスを逃してしまうことになります。」

 

「目の前の仕事に全力で取り組み、しっかりと成果が出せた方を新しいプロジェクトや面白いプロジェクトにどんどんアサインしていきたいと思っています。頑張っている方に対してはエキサイティングな仕事を提供し続けることでお返しをしていきたいですね。」

OTHER CONTENTS

一覧に戻る

ENTRY

Supership株式会社では、
現在【総合職/技術職】で募集を行っております。
募集要項などをお読み頂き、
必要事項を記入の上エントリーして下さい。